オフィス等施設管理

省エネ・環境・防災・セキュリティ等、オフィスや公共施設に求めるものが高度化し、より高いレベルとなっています。 弊社は各種の資格を有し、最新の技術とノウハウを持ったスタッフが、サービスを提供いたします。

電気通信設備、空気調和設備、給排水設備、消防用設備、昇降機設備等について、法令に基づく管理により快適な建物内の環境向上を図ります。

設備管理

一つの建物には電気設備、給排水設備、防災設備、空調設備、昇降機設備、駐車場設備などいろいろな設備があります。また建物の用途によっては冷凍・冷蔵設備等もあります。それらの設備には各種の法律で定められた点検が義務づけられているものも少なくありません。協和ビル管理ではこれらの法定点検業務、運転管理、機能維持のためのメンテナンス業務、改修・交換などを総合的に実施しています。

施設の規模に応じ専門技術者を常駐させて行うものから、巡回点検による方法、作動状況を専用回線を通じて遠隔監視し、異常対応により管理する方法など、規模、用途に応じてより経済的で、適格な方法により管理しています。

電気通信設備
電気を正常に維持し建物内の照明、空調(エアコン等)、エレベータ、OA機器等のビル建物内環境保全に万全を尽くしています。
また年1回の「法定点検(電気事業法)」と月1回の「定期自主点検」で、停電・電気火災予防を中心に、エネルギーロス対策を含め業務を行っています。
空気調和設備
ビルの環境改善、コスト削減の効果が著しく影響するのが空調設備です。
主な設備はボイラー、空気調和設備、冷凍機、冷却塔、送風機、排風機で、温度、湿度、空気清浄度などの室内環境を調整します。
空気環境基準維持の為に、2か月以内ごとに1回定期測定で、浮遊粉塵量、一酸化炭素の浮遊率、炭酸ガス浮遊率、温度、相対湿度、気流の6項目について測定指導を行っています。
給排水設備
貯水槽清掃、水質検査、給水管洗浄、給水槽清掃、湧水槽清掃、浄化槽清掃、排水管清掃を行い、水道法やビル管理法で義務づけられている給水設備・水質定期点検を行います。
消防用設備
消防法により消防用設備を設置する事が義務付けられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は設置した消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長または消防署長に報告する義務があります。(消防法 第17条3の3)
消防用設備は、警報設備、消火設備 、避難設備を要し保安警備業務である防火防災業務と密接な連携が必要です。グループ会社である協和警備保障株式会社と連携して建物総合管理業務としてのワンストップサービスでこれに当たっています。
昇降機設備
エレベータやエスカレータなどの「昇降機設備」は建築基準法に基づいて防火、避難、安全性などの状況を調査・検査し、結果を報告することが義務づけられています。
昇降機検査員が定期検査を行い、報告書を提出いたします。